パンフレット、カタログ、チラシ、ホームページ制作など、デザイン・広告に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

Blog Wrodpress 記事をCSVで一括登録!カスタムフィールドで作った項目も簡単設定!
Really Simple CSV Importer&Advanced Custom Fields

Really Simple CSV ImporterでACFサブフィールドを一括登録したい。

そんな時のための備忘録として設定方法を掲載します。

Really Simple CSV Importerの項目

Really Simple CSV Importerとは

記事を一括登録できます。
CSVをwrodpress内にインポートさせますが、
Googleスプレッドシートなどで作った表をCSVとして保存する方法が一番編集が簡単です。

登録するためのデータ一覧

項目名説明
post_type(type)※必須 投稿タイプを指定。
post_title(文字列)投稿のタイトルを指定。
(custom_field)(フィールド名) カスタムフィールドを指定。フィールド名を指定。

Custom Fieldsを指定

Custom Fieldsとは

投稿などに項目を追加できる機能です。
有料のAdvanced Custom Fields PROではより複雑な項目を追加できるようになります。

フィールド名を指定

例えば指定したいフィールド名が「野菜F」だった場合

CSVは下図のようになります。

post_typepost_title野菜F
post野菜その1はくさい
post野菜その2たまねぎ
post野菜その3じゃがいも

Googleスプレッドシートなどで作った表をCSVとして保存する場合。

サブフィールド名を指定

ACFには、groupや繰り返しフィールド、柔軟なコンテンツなどでサブフィールドが設定できます。
例えば、指定したいフィールド名が「果物F」サブフィールドが「みかんF」だった場合

CSVは下図のようになります。

post_typepost_title果物F_みかんF
post果物みかんその1いいみかん
post果物みかんその2好きなみかん
post果物みかんその3ダメみかん

Googleスプレッドシートなどで作った表をCSVとして保存する場合。

これをCSVとして保存→Really Simple CSV Importerでインポート
これで投稿(post)にそれぞれタイトルと野菜Fお値を持った投稿を一括登録できます。

まとめ

フィールド名を一行目に指定
サブフィールド名は「フィールド名_サブフィールド名」を一行目に指定

ちなみに

ユーザー登録で同様の指定をしたい場合。
ユーザー一括登録ができるプラグイン「Import Users from CSV」でも指定方法同じです。

これで完璧です。