心温まる再会と新たなビジネスの提案

Episode 12

平成元年も半分程が過ぎた梅雨の頃。ある友人と久しぶりに顔を合わせ、話を交わす時がきた。

彼は開口一番、
「よく病気を克服したなあ。皆んなで心配していたよ」と喜んでくれ、
私もその言葉に感激して目頭が熱くなり、感謝を述べた。

「ところで‥」と彼は話を変え、
「実は、お互いにそれぞれの会社があるが、君の病気が長引くと思い、
双方が生きていくためには、一つの場所で仕事をしていく方が効率的ではないか」との申し出であった。

彼には精神的にも力になって貰い、また尊敬もしていたので、恩返しの意味もあり「前向きに検討しましょう」と私はこたえた。

すると「すでに場所は確保しようとしている所がある。一緒に観に行こう」との事で、
その足で二人で向かった場所は小倉南区、土地は400坪程、3階建ての建物があった。

ガラガラと重たい門を開けて中に入ると、
鉄格子の犬小屋と思われる大きな檻が三棟ほどあり、少し不気味な感じであった。

建物の中に入ると、なにかを祀った様な場所があり、増々気味が悪くなり顔を顰めると、
彼は図面を取り出し「建物のすべてを完全リフォームして生まれ変わるので問題は無い」と説明をしてくれた。
すでに銀行との話も付けているとの事なので、前向きと言うよりは即行動していかなければとならないと思った。

しかし、そのためには解決しなければならない様々な問題が山積していた。
まず従業員への説明、さらに会社の土地の売却、引っ越しの問題、合併手続き等々…。

そんな事をにしているうちに平成元年も師走を迎えていた。
まさに目まぐるしい一年だった。

リクルートコスモス未公開株事件をはじめ、
昭和天皇の大喪の礼、消費税スタート、中国での天安門事件、美空ひばり死去、松下幸之助死去、ベルリンの壁崩壊と、
何か起きそう平成の始まりで、なぜか胸に少し引っかかるものを感じ…。

心温まる再会と新たなビジネスの提案

Episode 12


Episode 11

昭和から平成へ。印刷業界の技術変革

PREV

Episode 13

自立と進化の時代

NEXT

1995 - 2024 HEARTY BRAIN Inc.

Sound On Sound Off